2020年10月14日「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに掲げ、国内外に広がるボランティア活動団体「green bird」の大塚駅チームが誕生。キックオフ清掃が行われました。

これまでの活動、掲げる趣旨に賛同し、「green bird」への協賛、大塚駅チームの発足、運営を支援させていただき、月2回のゴミ拾いを実施していきます。「green bird」が掲げる“自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために。”この活動に一人でも多くの方が参加し、大塚の街への関心が高まることで街全体がより魅力的になることを期待しています。

キックオフ清掃当日は高野豊島区長も一緒に活動に参加いただき、自らゴミを拾われ、途中「たばこの吸い殻のポイ捨てが本当にひどい」と日常的に清掃活動をされている方のお話に耳を傾ける場面もありました。

ゴミ拾いをしてみると、落ちているゴミを嘆くよりも、日々お掃除をしている方々への気づきと感謝の気持ちが湧いてきます。

当日参加いただいた方の中で、大塚に10月から導入された地域通貨「まちのコイン」に登録されている方には「300むすび」を。参加されたすべての皆さんには大塚といえばおにぎり屋「ぼんご」の温かホクホクの“おむすび”を差し上げました。

早速、区長は「300むすび」をエクセルシオールカフェ大塚駅前店での特別な体験にご利用なさいました。

これからも、よりカラフルでユーモアのある日常を目指して、ゴミ拾いを通じてこの地域への関心づくりへと取り組んでまいります。地域企業との新しいコラボ企画にもご期待ください。

green bird

green birdとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。

「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と宣言すれば、誰もがgreen birdのメンバーです。

合言葉は“KEEP CLEAN, KEEP GREEN.”

green birdの公式サイトはコチラ http://www.greenbird.jp/