新旧が交ざりあう大塚のまちの魅力を発信し、大塚がより賑わいあるまちになることを目指した、まちのコイン「むすび」を10月1日より導入しました。
株式会社カヤックさんと一緒に創った民間主導で初となる「むすび」は、人と人とがつながることで、もらったり、使ったりできる、人と人が仲良くなるコミュニティ通貨です。例えば、まちのゴミ拾いをしたり、お店の窓拭きをしたりといったまちのお手伝いをすることで「むすび」をもらい、お好みのオリジナルカクテルをつくってもらったり、新メニューを特別に試食させてもらったりなどといった特別な体験をすることに「むすび」を使うことができます。

新しいお客さんやお店との出会いなど、お店のファンを増やすこともできるサービス。北口で再開発している飲食店やホテルと、昔の面影を残す個性豊かな個店をつなぐだけでなく、お金のやり取りだけでは決して交わることのなかった”人”と”場”をつなぎ、大塚の新たな魅力を発信することで、普段見ることのなかった大塚のいろいろな一面を楽しむことができます。
「星野リゾート OMO5 東京大塚」や「東京大塚のれん街」などの様々な店舗で利用可能ですので、ぜひむすびをもらって、そして使って、大塚のまちのレトロと旬を体験してください。

 大塚のまちのコイン「むすび」の使い方はコチラから