寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる
都市型観光ホテル「星野リゾート OMO5東京大塚」

江戸時代、宿場町であった大塚。ここには多くの旅籠が軒を連ねていました。旅人が憩い、鋭気を養ったまちを現代に創りたい。そんな想いと、全国で温泉旅館やリゾートホテルを展開する星野リゾートが出会って生まれたのが「星野リゾート OMO5東京大塚」。

星野リゾートの新ブランドOMOで都内初となる都市型観光ホテルは、「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げるホテル」をコンセプトに、泊まる、食べる、遊ぶが融合した新しいホテルのカタチに挑戦。

部屋はすべて縦空間を有効活用した「YAGURA room」となり、面積が限られている都市型ホテルでも息苦しさを感じないよう、高い天井、大きな窓を設けた、今までのホテルステイでは得られない開放感を創出しています。

また、オールデイダイニング「eight days」、卓球コミュニティスペース「ping-pong ba」など通常のホテルとは一味も二味も違う個性的な店舗も入っています。

山手線と都電が交差するノスタルジックな街並みが広がる大塚を丸ごと味わえる。大塚の人もディープに楽しめるホテルステイをお届けします。

竣工年月:2018年2月
施工会社:竹中工務店